kamon1.jpg 5_7kiri01.png 180px-16_Yae_Kiku.png

[編集] 菊紋・桐紋

十六弁八重表菊紋。天皇家の御紋(家紋)である。
五七桐花紋古くから菊紋は皇室の御紋章として民衆や幕府など広く認識され、桐紋は菊紋の替紋として使用されていた。桐紋が皇室御用達の御紋章になったのは元寇襲来の少し前の鎌倉時代中期と言われる。承久の乱の際、後鳥羽上皇が鎌倉幕府転覆の同志に対して、菊紋を刻んだ刀を分け与えられたことが発端と考えられている。皇族に対して功績があった者に対して、天皇が菊紋や桐紋を下賜されることは度々あり、足利尊氏や豊臣秀吉なども菊紋や桐紋を授かったという。菊紋を授かることは一種の名誉で
 


posted by Aこぐれ at 20:05 | Comment(20) | TrackBack(0) | 家紋について

女紋

主に関西地方において普及している風習の一つ。家同士の婚姻が主だった時代、女性が嫁ぐ場合に婚家に女紋をもっていく例もみられる。女紋とは実家の家紋とは異なり女系から女系へと伝える紋章のことであり、実家の家紋とは意匠も由緒も異なる。女紋の意匠は主に家紋を基にしているが、やや女性らしいものが多い。女性が留袖に実家の家紋を用いる例が多くみられるが、女紋を継承している場合は女紋で留袖をつくる。関東をはじめ関西以外ではこの風習はなく、女紋という文化のないところでは婚姻に際し、習慣の違いからしばしば難色を示される場合もあ
 
ドイツからやって来たアポロス通販apolos
posted by Aこぐれ at 15:04 | Comment(1) | TrackBack(0) | 家紋について

会津三葵

会津三葵(あいづみつあおい) - 松平家(会津)
揚羽蝶(あげはのちょう) - 西洞院氏
阿部清明判(あべせいめいばん) - 酒匂氏 - 市川氏
阿部家銭(あべぜけに)
有馬家唐花(ありまけからはな)
有文字(ありもじ)

posted by Aこぐれ at 18:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 家紋について

女紋

主に関西地方において普及している風習の一つ。家同士の婚姻が主だった時代、女性が嫁ぐ場合に婚家に女紋をもっていく例もみられる。女紋とは実家の家紋とは異なり女系から女系へと伝える紋章のことであり、実家の家紋とは意匠も由緒も異なる。女紋の意匠は主に家紋を基にしているが、やや女性らしいものが多い。女性が留袖に実家の家紋を用いる例が多くみられるが、女紋を継承している場合は女紋で留袖をつくる。関東をはじめ関西以外ではこの風習はなく、女紋という文化のないところでは婚姻に際し、習慣の違いからしばしば難色を示される場合もあ
 
ドイツからやって来たアポロス通販apolos
  アポロス通販apolos
posted by Aこぐれ at 19:44 | Comment(21) | TrackBack(0) | 家紋について

家紋とは

家紋(かもん、Family crests)とは、特に日本において古くより出自といった自らの家系、血統、家柄・地位を表すために用いられてきた紋章である。単に紋所や紋とも呼ばれる。
 
posted by Aこぐれ at 21:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋について

家紋とは

家紋(かもん、Family crests)とは、特に日本において古くより出自といった自らの家系、血統、家柄・地位を表すために用いられてきた紋章である。単に紋所や紋とも呼ばれる。
 
ドイツからやって来たアポロス通販apolos
posted by Aこぐれ at 07:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋について

会津三葵

会津三葵(あいづみつあおい) - 松平家(会津)
揚羽蝶(あげはのちょう) - 西洞院氏
阿部清明判(あべせいめいばん) - 酒匂氏 - 市川氏
阿部家銭(あべぜけに)
有馬家唐花(ありまけからはな)
有文字(ありもじ)

180px-Ageha-cho
 <br><A href=ドイツからやって来たアポロス通販apolos
posted by Aこぐれ at 06:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋について

替紋・通紋

家紋の例(花菱紋)前述もした通り、一家に対して一紋しかない家は極めて稀で、むしろいくつもの家紋も持っているのが普通であった。また後述もしているが、家同士での家紋のやりとりは頻繁にあったし、家紋を自由に創作したりすることはあった。それゆえ本来の家紋の意味を逸脱した家紋は数多く持っている家も多かった。そのため本来の家を示す公式的な家紋である定紋以外の家紋は「替紋」と呼ばれた。また、「裏紋」、「別紋」、「副紋」、「控紋」などという呼び名も存在する。

江戸時代にはいると家紋の数はますます増えた。華美で流行の装飾
posted by Aこぐれ at 07:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋について

家紋とは

家紋(かもん、Family crests)とは、特に日本において古くより出自といった自らの家系、血統、家柄・地位を表すために用いられてきた紋章である。単に紋所や紋とも呼ばれる。
posted by Aこぐれ at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋について

家紋とは

■■■法人
。。ほげほげ。。To

家紋(かもん、Family crests)とは、特に日本において古くより出自といった自らの家系、血統、家柄・地位を表すために用いられてきた紋章である。単に紋所や紋とも呼ばれる。
posted by Aこぐれ at 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家紋について
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。